リースについて

「金融」ではない「物融」。それがリースです。

ユーザが設備に投資する目的は、物件を購入することではなく使用することである点に着目し、設備調達のための一つの手段としてリースは誕生しました。
リースは広く賃貸借取引を意味しており、金融機関の貸し付けを意味する「金融」と対比し、リース会社が物件をお貸ししていることから、「物融」と形容されております。

リースの概要

リースとは、広義の「賃貸借取引」のことを意味し、お客様が必要とする機械や設備をお客様に代ってリース会社が購入し、比較的長期にわたって一定のリース料でお客様に賃貸するお取引です。日本国内におけるリースとは、ファイナンスリースとオペレーティングリースに分類されます。 現在、企業の90%以上がリースを利用しており、リースは企業が設備投資を検討する際に、なくてはならない存在であるといっても過言ではありません。